【まき編vol.7】箱ヘルはプールの安心感、デリヘルは海の開放感

■ヘルスでバスタブプレイ

箱ヘルではもちろん部屋なんか気にした事はなかった。でもデリヘルではどんな部屋を用意するかは客次第。たぶん余裕のある客はいい部屋でのんびりプレイするんだろうな。

そしてきっと、部屋のランクを見てデリヘル嬢もその客のレベルを測るに違いない。初デートにどんな車で迎えに行くか、男の見栄が試されるようなもんか?

(ヘルスでバスタブか、、)

初めてのデリヘルなので、ろくに考えず適当に取ってしまったこの部屋はバスタブがメチャクチャ狭く、とても足を延ばせそうにない。

(一番安い部屋はこれより狭いのかな、、?)

最安値の部屋が満室だったことに、ナゾの感謝。

(まだマシだったな、、)

貧乏な家庭で育ったせいで、友達を家に呼ぶのを躊躇してた子供時代の記憶がよみがえり、しょっぱい部屋にまきちゃんを呼んでしまったことがなぜか恥ずかしい。本指名しなければもう会うことはない女の子を前に、どう思われてるか気にしてしまうのは変えようのない性格。

体も洗って歯磨きも済ませたけど、どうみてもバスタブには一人しか入れない。

(お湯溜めたけど、どうすんの、、?)

まさか一人で入って「いい湯だな~」なんて事はしたくないし。

嬢「じゃ、お風呂入って」
俺「あ、うん」

体育座りでなんとか。

嬢「おじゃましまーす!」

(えっ?)

嬢「つめたーい!笑」

そりゃ、水量MAXで溜めたんだからぬるいに決まってる。

まきちゃんも体育座りの形でオレの上にピタッとはまるようにカラダを乗せてきた。ひらがなの「ん」が二つ重なってる。腰の上に乗っかるまきちゃんのお尻の感触がたまらない。

(何この無警戒な感じ、、)

初対面のオッサンに背中を向けて密着度MAX。そりゃ誰とでも仲良くなれるはずだわ。

きっとバスタブが広ければ向かい合って入るところなのに、狭いおかげで上に乗るしかない。狭いバスタブさん、ホントに感謝。それから、こんなバスタブでもはしゃいでくれるまきちゃんにも感謝。

狭いながらも工夫してカニみたいな体勢になりながら潜望鏡をやってくれた。いくらエッチが好きでもプライベートで潜望鏡は経験ないハズ。

人生4人目のバスタブプレイのはずなのにメチャクチャうまい。オレは上下に動くフェラよりグチュグチュかき回すようなフェラの方が好きかもしれない。

俺「まきちゃん、交代しよ」
嬢「え?!どうすんの?」(キャッ
俺「立って壁に手を当てて」

バスタブの中で立たせておしりにしゃぶりつき、そのままアナルナメ。パイパンでオマンコも綺麗だけど、アナルも綺麗でナメるのが全然苦じゃない。

嬢「ン、、ア、、」

明るくはしゃぐのが好きなまきちゃんがまた静かになってビクビクしてるのに興奮して、胸を揉みながらバックで素股にチャレンジしてみた。珍しくムスコがハーゲンダッツ並みにカチカチになってる。

嬢「ア、、まって、まって、、イクッ、、」

クリトリスが擦れるだけですぐイッちゃう体質らしい。
うーん、超楽しい。

そういえば手マンやクンニ、おもちゃを使わずオレのムスコでヘルス嬢をイカせたのは初めてな気がする。ちょっとした達成感。

■デリヘルのよさをちょっと理解

互いにカラダを拭きあってバスルームを飛び出し、ふたりしてベッドにダイビング。まきちゃんはなんでもノッてくれる。

(こりゃ自由だわ、、)

箱ヘルはプールで遊ぶのに似た安心感があるけど、デリヘルは海で遊ぶような開放感がある。箱ヘルがあるのにデリヘルって何の需要があるんだろうと思ってたけど、コレは全く別物。

いつだったか、コスプレをどうするか考えてた時に「私服こそ最高のコスプレ」なんて思った事があったけど、デリヘルだとその最高のコスプレが標準オプションで付いてくるところもいい。

箱ヘルと比較するのは「え?プールがあるのに海に行く必要ある?」って言うようなナンセンスな考えだったわ、、

まきちゃんはエッチが好きというよりイチャイチャするのが好きなようで、とにかく体を密着してキスを求めてくる。

嬢「ねぇ、チューしてぇ」

(こんなカワイイ子がこんなオッサンにねぇ、、)

たまにいるキスが好きな子って、どういう感情なんだろ?どうみてもクレーム防止のために義務としてやるチェック項目の一つじゃない。コッチはもちろんうれしいしありがたいけど、未だによくわからない。

おもちゃでオーガズムは満たされても、おもちゃとキスしたって満たされるわけがない。オッサン相手にオーガズムは満たせても、オッサンとのキスって満たされるの?風俗嬢七不思議のひとつだわ、、

俺「まきちゃん、顔に乗って」
嬢「うん!」

顔面騎乗位の眺めがイイ。たまーに訪れる、イクよりイカせたい日。手を伸ばして乳首を撫でながらクリトリスをナメると、まきちゃんの膝がすぐにガクガクしてカラダが支えられなくなり後ろ手ついてブリッジクンニ。

嬢「ン、、イックゥ、、」

ホントにいくらでもナメてられる。

流れで騎乗位になり、数ヵ月後には保育士になるまきちゃんがオレのムスコの世話を始めた。クリトリスが弱いまきちゃんは、もしかして挿入より素股の方がイカせやすいのかも。

嬢「ン、、マタ、、イックゥ、、」

クリトリスが敏感すぎるまきちゃんは4回目のオーガズム。それを見届けてオレも気持ちよく発射し、残り時間いっぱいまでいちゃいちゃして時間終了。幸せすぎる。

嬢「ねぇ、どうする?一緒に帰る?」
俺「あ、、そうだね」

そっか、デリヘルだと客が部屋に残るパターンもあるのか。

いつもとは違う雰囲気のエレベーターが新鮮。1階について店員が待ってるわけじゃないのも開放感のひとつか。そのままホテルのドアをくぐって外に出たところで車のお出迎え。

嬢「あ、車きた」
俺「ありがと!またね!」
嬢「ありがと!絶対またね!」

カワイイ女の子を4回イカせただけで満足感高いけど、それを除いても箱ヘルにはない楽しさがいろいろあった。

部屋代を客が持つかどうかの違いだけじゃないんだな、、